先日(8/2)日本最大規模のアイドルフェス、TOKYO IDOL FESTA 2015(=TIF)に参戦してきました。

【参考記事】江東区臨海部コミュニティサイクル(バイクシェア)がとても便利だったので書きます。


江東区臨海エリア(お台場)に9つのステージが用意され、炎天下の中、2日通しで行われていました。

こちらの大規模イベントも今年で5回目。

わたしは知人と赤い自転車に乗り会場内を回遊しながら全力全霊をかけたパフォーマンスを見学していました。
 

一つ残念だったのは、出演グループがあまりに多すぎる関係上、実際に鑑賞できる数が限られてしまったこと。
 

とはいえ、楽しい休日を過ごすことが出来たのは間違いないので、考察を加えて書いておきます。
 

以下、鑑賞したアイドルの簡単な紹介と、
初めての方にも分かりやすいように活動年数やキラーナンバーも載せておきます。

 

虹色のコンキスタドール 2014年〜

イラスト投稿ソーシャル・ネットワーキング・サービス"pixiv"を運営するピクシブ株式会社による女性アイドルグループ。2014年よりピクシブが開催している、次世代クリエイターアイドルを育成する「つくドル!プロジェクト」から誕生した。略称は「虹コン」。最近BAPAのプロジェクトにも参画していて注目しています。
 

Eyecatch

 


[MV] 虹のコンキスタドール「ぴくしぶおんど」

 

ときめき♡宣伝部 2015年〜

ももいろクローバーZ、私立恵比寿中学、チームしゃちほこ、たこやきレインボーなどを輩出しているスターダストから、私立輝女学園を広めるための部活動として、2015年4月11日に結成されたできたてホヤホヤのグループ。キャッチコピーは「君のハートにロックオン♡」。ファンのことを「宣伝部員」もしくは「ときメイツ」と呼んでいる。まあ、王道路線ですね。スタダの勢いはどこまでいくのか。

Tumblr np4hvzjAdH1trwfxdo1 500

 

ときめき♡宣伝部「土っキュン♡!!少女」MUSIC VIDEO

 

清竜人25 2014年〜

2014年、清 竜人が立ち上げたアイドルユニット。
プロデューサー兼メンバーである清 竜人とその妻である清 咲乃、清 桃花、清 亜美、清 美咲、清 可恩、清 優華の女子メンバー6名で構成される。 妻達とともに、一緒に歌い踊り、ハーレム状態でパフォーマンスを繰り広げる清 竜人、アイドルの固定概念を覆す全く新しいエンターテインメントを披露する。完全に清竜人のコンセプト勝ち。楽曲も結構好き。

Img7219

 

清 竜人25「Will♡You♡Marry♡Me?」Music Video
 

 

3B Junior 2014年〜

3B juniorは、芸能事務所スターダストプロモーションのSECTION3 IDOL部門に属する、ジュニアメンバーによるユニットである。こちらもスタダ。ジュニアメンバーなのでこれからですね。

O 3B JUNIOR facebook

 

3Bjunior「七色のスターダスト」MusicVideo

 

SUPER☆GiRLS 2010年〜

SUPER☆GiRLSは、エイベックスのオーディションにより、2010年に結成された日本の女性アイドルグループ。略称はS☆G、スパガ。所属事務所はエイベックス・ヴァンガード。所属レーベルはiDOL Street。結構女を武器(水着等)にしている感強めのグループ。楽曲は意外と好きなものが個人的には多い。

F51749731d5843

 

SUPER☆GiRLS / 「花道!!ア~ンビシャス」Short Ver.


LinQ 2011年〜

LinQは、2011年4月17日にデビューした福岡県福岡市を拠点に活動する日本のローカルアイドルグループ。 グループのスローガンは「食べろ、立つんだ、踏みしめろ!!走れ、飛びたて、ジャンプしろ!!自分の力でみんなで変われ!新生LinQ!みんなでLinQ!」ロコドルの中でもメンバーの平均顔面クオリティが高いチーム。流石福岡。

000 01 1024x768

 

LinQ / カロリーなんて (PV)
 
 

PASSPO☆ 2009年〜

PASSPO☆は、日本の7人組女性アイドルグループ・ガールズロックユニット。プラチナム・パスポート所属。レーベルはユニバーサルJ。飛行機をモチーフにしたライブパフォーマンスは居心地が良い。

Maxresdefault

 

ぱすぽ☆ - 少女飛行


アップアップガールズ(仮) 2011年〜

アップアップガールズ(仮)は、日本の女性アイドルグループ。グループの略称は「アプガ」もしくは「アップアップ」。 2011年結成。翌2012年6月に代表曲「アッパーカット!」を発表。同曲発表以降、楽曲やパフォーマンスが攻撃的な激しいスタイルとなっていった。こちらは以前の記事でもご紹介したグループ。現在はバキバキのEDMで攻めるライブアクトです。

【参考記事】進むEDM化。アイドル現場で感じたこと
 

Upupgirls

 

アッパーカット! ミュージックビデオ アップアップガールズ(仮)
 

Negicco 2003年〜

主に新潟県を活動拠点とする女性アイドルグループ。いわゆるロコドル。3人で長きにわたり頑張っている。ロコドル勢の中では相当人気がある。

Maxresdefault  1



Negicco「光のシュプール」MV
 
 
考察

結果、1日で9つのアイドルのパフォーマンスを観ることが出来ました。(ああ疲れたな。)

これだけ一度に色んなアイドルを比較するという体験はこれまでには無かったので貴重でした。


この貴重な体験を通して、わたしはこれらのグループ間にある明らな違いを感じました。

 

それは「パフォーマンスの質」です。

 

ライブは、歌、MC、ダンス、表現、演出等


幾つもの要素が混じり合って一つの形になりますよね。

 

新興勢力の「虹コン」や「宣伝部」を見た後の、「アプガ」や「LinQ」だったのでその差が分かりやすかったのですが、アプガやLinQの方がパフォーマンス仕上がりが圧倒的に良かったです。

 

※誤解の無いように言うと「清竜人25」の仕上がりは結成間もないながらも良かったです。これは竜人さんの力によるものかと。


この違いの理由を考えてみたが、総論でいうと答えは簡単で、後者のグループは結成が早いため、場数を踏んでいるし、経験も豊富でそれによるものということです。


場数踏んだ分だけ、経験をした分だけ成長に繋がる。


「量」はいつか「質」に変わる。

 
72460df16d0c1c62f903b0222a4dea08

当たり前なことかもしれませんし、色んな成長法則が語られていますが、この経験や場数を多く積むと成長するという成長理論は、これから先も消えることの無いグランドセオリーであると改めて感じました。

  この文脈で「ブログは書き続けるしかない」とわたしも新たにマインドセットされました。


「あるスキルを身につけたいならば1万時間費やすこと」とも言いますしね。頑張ります。 


アイドルのみなさん暑い中、お疲れさまでした。
 

 
それでは。