長岡では、花火の他にも発見がありました。

 

ご当地B級グルメは【洋風カツ丼】

 

「洋風のカツ丼」???

 

ググると上位に必ず出てくるこのご当地B級グルメについてレポートさせていただきます。

 

 

そそられないネーミング【洋風カツ丼

 

検索結果を見た最初の印象です。

 

なんで日本海側にまでわざわざ来ているのに、「カツ丼」を食べなければいけないのか?


しかも、何故に「洋風」?? 


洋食じゃなくて、美味しい日本食を食べさせてよ!感じです。


ネーミングからして正直全然そそられません。

 

海・山の幸 か お米を前面に出したグルメを期待していたため、ひたすら検索結果として出て来る「洋風カツ丼」に勝手に微量な憤りを感じてしまっていました。勝手な先入観を持って臨んだわたしもいけないですね。
 

数分間、葛藤が続きましたが、空腹にも負け、気軽に来れる場所でもないという有限性と、長岡でしか食べれない限定感を取り、謎の【洋風カツ丼】を食することにしたのです。

 

 
 

発祥の地【レストラン ナカタ】は超人気店。


調べていくと、洋風カツ丼が食べれる場所は複数あることを知りました。


しかし、何事も源流を抑えるのが大事と聞きますので、洋風カツ丼【発祥の地】に行くことに決めました。

 

向かった場所がコチラです。超老舗店。
 

▼レストラン ナカタ


■ 基本情報
 

・住所:新潟県長岡市坂之上町2-3-6 

 

・営業時間: 【月~水・金~日】11:30~21:00【木】11:30~15:00

 

・定休日: 年中無休

 

・電話番号: 0258-34-3305
 

IMG 5959

入り口から老舗感が既に出まくってましたよ。【カレーの辛さ】も看板になっています。

 

IMG 5960

店頭には大きなノボリに【洋風カツ丼】の文字。

スタンドアローンの看板は、木造で素人が撮影した料理写真を現像して切り抜き貼ってある手作り感が満載。
 

IMG 5968

薄明かりの階段を上がると2Fにあります。レストラン ナカタさん。

 

IMG 5966

階段の両脇にはずらりと並ぶお客さんの写真集。【何か】を食したらチェキしてもらえるらしい。

※【何か】の正体は店の中に入るとわかりました。


しかし、まあ両側にびっしりと並ぶ写真が多いこと。


書いてあるコメントはほぼおいしかった!

 

「もしかして、来て正解??」

「超人気店じゃん?」

 

感じていた憤りがだんだんと期待に変わっていっているのを感じていました。

 
 
 

【洋風カツ丼】は長岡が生んだ不思議な味でした。


午後2時に入店。


時間をずらして入ったつもりが私達以外にも多くのお客さんがまだランチを楽しんでいました。


ただならぬ人気店の予感。
 

IMG 5962

お店の入り口にもあった【カレーの辛さ】ですが、どうやらこのお店では、カレーも有名なようで【50倍の辛さ】をクリアした暁に、写真と一緒にお店に記録されていくシステムのようです。


東京では蒙古タンメン中本が取っているやり方ですね。

 

 

さっそく大判のメニュー本を開き、選びに入りました。

が・・・・


どれも美味しいそうに見えてしまったのはわたしだけでしょうか?


目的の【洋風カツ丼】はさることながら、流石長岡人気No.1の洋食店といわんばかりに、

オムライスや名物カレーも食欲を掻き立ててきました。


メニューの見せ方が上手いのか?

 

先ほどまで憤りを感じていた自分に反省汗

 

さらに、名物【洋風カツ丼】には2種類の味が存在することを知りました。


デミグラスソースとケチャップソース

 

悩んだ末、男4人で中華料理スタイルを取ることに。そうすれば多くの料理を味わえるという結論です。

洋風カツ丼も両方の味を注文することにしました。

 

テーブルの上はこんな感じになりましたよ。

IMG 5964

三種盛り、デミグラスオムライス、特製カレーの乗ったオムライス、【洋風カツ丼(デミグラスソース)


右が写っていないので友人より拝借。

BQvA0YACUAAB1gB

【洋風カツ丼(ケチャップソース)

 
 

感想です。

 

デミグラスソースの方はその名のとおりでした。

トンカツにデミソースがかかった状態で、コクのあるデミソースとトンカツが良く合ってましたよ。

これは割と美味しい。

しかし、これまで体験した事のない不思議な味わい。

 

一方、ケチャップソースは、これは不思議な味以外の何者でもない。

名前との乖離が凄まじいです。


ケチャップ感はなんと一切感じません。


ケチャップと言う位なのでおそらく混ざっているのでしょうけど、何かにその味が消されています。

まったく別の味になってる感じです。


強いて表現するとすれば、

餡掛け的なとろみで、ちょっと酸味のある味?


これでもなかなか伝わらないですよね。ともかく出会ったことの無い不思議な味でした。


懐かしい感じ??


なんと表現するのが適切かわかりませんでした。

お客さんの感想も様々ですね。






お客さんの反応も様々です。

それだけ多面性のある料理だということですね。

 

まあ、味はどうあれ、腹ぺこだったのでどんどん胃袋に入っていきまして、

その他、注文したオムライスも美味しいと言える味わいでしたよ。

 


まとめ

 

総じて美味しいと言える洋食店だと思います。

 

【洋風カツ丼】については、

先ずは重ねて憤りを感じていた自分に反省。
 

ケチャップソースは好みがあると思いますが、デミグラスソースの【洋風カツ丼】はオススメしたいです。

東京・他県には無い発想で、美味しく頂くことができました。

 

また、長岡の鉄板グルメなので、これさえ食べておけば長岡トークは盛り上がりそうな感じです。


共通言語とでもというのでしょうか。
 

現地人の方々はあの独特な味をどのように表現するのか・・すごく気になります。

 

最後に、レストランナカタの特典をご紹介。

IMG 5965

スタンプ集めるとポッポちゃん人形がもらえます。

長岡にお越しの際は是非足を運んでみてください。


地方は面白い。


それでは!