現代社会にまかり通る常識に挑み、

街では気づくことのない人間本来の力を、

遊びながら呼び覚ますための1冊。

山、川、海、すべてのフィールドを通じて、

「獲って食う」「野で寝る」「自在に動く」を実践し、

どんな場所でも楽しく生き抜ける、

本当に必要な知恵と技術をお届けします。

退屈な毎日から一歩踏み出すためのアウトドアマニュアル。

 

本格アウトドア雑誌 「Fielder(フィールダー)」のコンセプトです。

つまらないアウトドア関連の本が氾濫していますが、この雑誌は一味も二味も違います。最近購読を始めたのですが、毎回野人になった気分にさせてくれています。
 

実はかなり戦略的に発刊されている

● VOL.1 2011年9月10日発売 

01 w142

記念すべき本誌第1号。ODウェアが流行っていたことを受けて、姿形だけではなく「実際に外で遊んでみよう」というコンセプトのもと誕生した。当然、内容は超エントリー向け。表紙イラストは今も連載を続ける渡部将が手がけた。

● VOL.2~11 2012年2月29日〜2013年8月30日発売

スクリーンショット 2015 12 27 16 13 10

老舗誌がひしめくアウトドアカテゴリーに本格参入するべく、有名になるために付録をプラス。コンセプトは第1号を踏襲するが、付録効果でコンビニの棚をも獲得し、その名は何となく知られるようになった。本誌の第1フェーズ。

● VOL.12~16 2013年10月31日〜2014年6月30日発売

スクリーンショット 2015 12 27 16 13 31

少しは有名になり、付録雑誌から本格的なアウトドア雑誌へ舵を取り始めた過渡期。付録→小冊子と、徐々に飛び道具はしまい込むことにして、第15号では一切の飛び道具を廃止。焚き火+猟師という大定番ネタをぶっ込む。

● VOL.17~現在 2014年8月30日〜

スクリーンショット 2015 12 27 16 13 42

第1号より本誌を手がけてきた編集部の純な気持ちを展開する第2フェーズ。過渡期を経て、製作はほぼ自力として、内容は180度転回したが、編集部的には未だにエントリー向けだと思っている。全ての人間にとって、至って当たり前の行為を紹介しているからだ。


野営、野宿、時給自足、コンテンツがとにかく超本格OD

Img 0

老舗本がひしめくアウトドアカテゴリーの中ではまだまだ若手本だが、このように戦略的に展開をしてゆくことで現在の「超本格派」というポジションを勝ち得、読者を増やしてきたようです。 どこまで本格派なのかは各号のテーマを見ただけで一目瞭然。

例えば、

・今夜はひとり外で寝てみる「野宿と野営」

・いざ天然の食料庫へ「野生食材図鑑」

・世渡りの知識より、ひとり生き抜く技術がほしい「自給自足技法」

・大自然の恵みはきっとこの先にある「道なき道を行く」

・すぐそこにある自然を価値あるものに変える「森の恵み」

・休日はネクタイを外してナイフを持つ「道具の力」

どうですこれ?

見てのとおり全てが身体性や精神性に富んだ内容になっており、野営を本格的に望むユーザー向けの雑誌です。GOOUTのようなファッショナブルな文脈ではなくこちらは完全に本質を捉えています。

この雑誌のファンだからというバイアスはあるものの、タワーマンションに住んでいるような方には理解不可能な内容だと思いますが、 "アーバンスタイルはただ消費するだけ"で何にも残らないと最近つくづく思います。

大事なことは、原点回帰とか温故知新の文脈でテクノロジーが発展すればするほどこの辺の解釈や理解は重要になってくるはず。

こんな考えが備わりつつあるため、身体や精神の成長に通じる本格的なアクティビティが今現在のわたしの研究テーマの一つであり行動指針です。

来年はここをググッと深堀する予定です。

野人になりたい人には超おすすめですよ。 読んでるだけでゾクゾクしますからw
興味あらば是非ご一読を。


それでは。