ぼくは秋が近づくにつれ「マスク」をし始めます。
次にマスクから解放されるのは翌年の4月の終わり。 つまり、1年のうち半分はマスクをしているんです。 この習慣がついたのは社会人になってからで、 ちなみにずーっとではなくて公共の場に居ることがマスク装着のタイミングです。

この主な理由(原因)は2つです、
  • 空気感染により喉から風邪を引きやすい
  • 重度の花粉症
こうした理由に基づき社会人生活を始めてから、マスクを欠かさず装着しているのですが、結果として、これまでこの時期に風邪を引いたことがありません。

「すごっ!」と我ながら思います。インフルエンザさんとは長い間お会いしていません。疎遠と言っていいでしょう。 街中、電車、会社の中に飛散する「雑菌」から見事にぼくを守ってくれています。

東京で暮らす以上手放せないアイテム

ではこれが、ぼくが暮らす東京都内以外であったら?
例えば、農山漁村のような地方で暮らせばマスクを外して暮らす事ができるのか?  

これに関しては決して困難ではない目標だと思っています。 大きいのは空気感染による風邪引きにかかる確率が激減すること。 空気感染による風邪引きって人口が極度に集積する都市だから起きやすいだけなので、 人口が少ない地方に行ってしまえばきっとマスク生活から解放されるでしょう。

スクリーンショット 2016 02 07 16 05 37

(出典)三大都市圏への人口集中と過疎化の進展:総務省

三大都市圏(東京圏、名古屋圏、大阪圏)への人口集中と地方の過疎化が明らかなことは言わずもがな。特に東京圏の人口シェアは現時点で全体の約3割。どんだけ人いるんだよって感じです。 これだけ人がいればそりゃ感染しますよね。

ところが、逆に花粉症の苦しみは地方に行くことで増加する恐れがあります。
スギ、ヒノキ、ブタ草など、花粉症を引き起こす原因と近い距離で暮らすことになるからです。

まあ、都内で暮らしていても結構ヒドいんで実はこれはどちらでもあんまり変わらないような気はしていますけど。

結論としては、都内で暮らす以上はマスクを手放すことは出来ません。

100%無理です!ちょっと潔癖なところもあるのか電車の中の空気とオフィスの空気は本当に好きじゃありません。 ぼくが使う 「空気清浄機」を会社にも置いてほしいくらい。

マスクを外せない「マスク依存症」あなたは大丈夫?

病気から身を守る以外のマスクの使い方について。

3年ほど前、あるテレビ局が平日の朝の東京駅前の横断歩道で、マスクをしている人の調査をしたそれによると、マスクをする目的の1位は「スッピンを隠すため」、2位は「顔の保温や肌の保湿のため」、そして3位は「小顔に見せるため」だったといいます。

3位なんかはいわゆる「伊達マスク」ですね。

さらに、最近の若者世代には「人と話さないで済む」「顔を見られずに済む」と言った理由も多く上がるようです。 この根っこには、顔を隠したい、表情を読まれるのが嫌、鼻の形や歯並びなどにコンプレックスがある、口臭がある、といったコンプレックスからくるもののようです。



「人と話さないで済むから」とか言いながら本質は違う場合が多いので、 このあたり理由が複雑で難解ですね。


また、周囲の人の目線に不安を感じ、言われることに恐怖を感じて日常生活にも支障をきたす「社交不安障害」、心理的な「引きこもり」といった精神状態がマスクを付けるという行為を引き起こしているケースも少なくない。

このようにして、本来の使い方以外の理由でマスクを付ける層が増えていることは間違いありません。マスクに自分の拠り所を作っているといいますか。最近では「マスク依存症」なんて言葉も巷で良く耳にするようになりました。

これは、マスクがもたらすデメリットが目立ってきたという証だと思うんです。  
デメリットに関しては諸説あると思いますが、 個人的には 「コミュニケーションの遮断を引き起こすツール」ということにあると思います。

これについても論じてみたいですがちょっと長くなりそうなのでここで止めておきます。

マスク依存症かも?と思う人は以下をチェックしてみてください。 チェック数が多いともしかするとあなたは依存症かもしれません。
  • 病気でなくてもマスクを着ける
  • マスクをしていると安心できる
  • 鼻の形や歯並び、ニキビなどにコンプレックスがある
  • ツイッターなどSNSに掲載しているキャラは飾ったもので、本当の自分とは違うと思っている
  • SNSに投稿する写真は納得するまで何回も撮り直す
  • 人と目を合わせて話すのが苦手
  • 自分には口臭があると思っている
当てはまることが多いと思った方はぜひマスクを外して外に出てみることを心がけてください!
普段見えなかったことが見えてくるはずです。

かくいうぼくは多分マスク依存症予備軍です。 マスクが必須な理由はあるもののこうした理由もどこかにあるような。 注意していかなければいけませんね。

インフルエンザを完全バリア!菌を99%不活性かするマスク

(参照) インフルエンザ、今季初の注意報レベル 推計52万人

1月末からインフルエンザ患者数が増え、2月中は大流行の可能性らしいです。 そんな恐れをはねのける素晴らしいアイテムがありましたのでご紹介。
ナノダイヤ マスクはインフルエンザウイルスをはじめとした、菌やウイルスを99%不活性化させる機能を持っています。なので、予防を考えている人にうってつけ。

その秘密は、マスク表面に施された「ナノダイヤ触媒」という特許技術。抗菌や抗ウイルス、消臭効果まであるのだそうです。

お困りのからいらっしゃいましたら是非お試しあれ。インフルエンザにはかかりたくないですよね〜

最後に

ぼくの軽度なマスク依存症は都内で暮らす以上はなかなか治すことが難しいかも? いっそのこと思い切って移住だの実家に戻るなどしたらこん小さな依存は解決しちゃうかもしれませんけど。

どんなことも依存しすぎると知らず知らずのうちにデメリットの方が目立つようになりますよね。

例えばスマホへの依存などもその際たる例です。 きっと自ら意識してバランスさせていけば問題ないことではあると思いますけど。

まだまだ寒い日が続きますが風邪を引かないよう頑張っていきましょうー
インフルエンザなんかに負けるものか。

今日はこの辺で。
それではー!