これを読みました。

大卒の価値が徐々に低下する日本社会


この観点や切り口で考察する癖はなかったのでいい記事と出会いました。

以下、感想と考察です。

こんだけ大学が多ければ、大卒の社会的価値はそりゃあ低下するでしょうというのが率直な感想。

そしてこれは、東大や京大のような難関大学に関しても言えること。

東大も京大も毎年3,000人近くが卒業をしていき、世の中の難関大学卒者は増えていく一方です。対して、社会には既に難関大学卒者が企業の重役、政界の重鎮として永らく存在するため東大、京大のような難関大学の希少価値も昔ほど無い。

ですから、”難関大学も含めて” 総じて大学の価値は低下していると僕は思います。

日本に限らず、先進諸国でも同じように「大学生は多過ぎるのか、大学に行く価値はないのか?」という議論が活発のようですが、 「大学に行く価値があったかどうかは行った後のそれぞれの努力で決まると思いますが、大学生は多すぎる」が私見です。

価値があるかないかは机上で結論は出せません。

国公立・私立・文系・理系・全日制・社会人入学、と大学の内容は多岐に渡り、学ぶ姿勢もそれまでいた環境によって大きく異なるので、高等教育のベネフィットを享受する人もいれば、享受できない人もいる。ですから価値は行った後のそれぞれの努力で決まる。そういう考えです。

そして、「多すぎる」ということに関しては、この記事の中では「オーバーエデュケーション」という問題で指摘されていますが、この説明で十分だと思います。

「オーバーエデュケーション」とは、その仕事に必要な能力に比べて、自分の能力の方が高いということです。上で指摘されているのは、大学を出ていないとできないような高度な仕事が少ない、という問題です。だから、大卒者で少ない椅子を取り合うことになり、あふれてしまう人が出てくる、と。

つまり、高等教育を受けた大卒者に見合った仕事の受け皿が全然ないってこと。

データにもなってますね。

スクリーンショット 2016 04 16 10 28 36
各国の高等教育機関(大学・短大・高専)の修了者と、管理職・専門技術職の数を比較すると、前者が後者から溢れているのは日本と韓国くらいだ。声高に言われることはないが、日本では学歴と職業のミスマッチが起きている。

まとめ

以上のことから、今の日本においては、社会貢献をする上で、必ずしも「大学」という高等教育を通過する必要はないということだと思うんです。

社会的な価値が下がっているのにわざわざ無理に行くのもねえ。
それに、学費もかかるし、浪人してまで入る意味は全くない。 (ただし、医学部とかは別物)

こうした考えや選択を採る人も増えてくると思うんですよね。

それに、今の日本では大学に行かずとも活躍するスキルを身につけることのできる土壌があらゆるところで拡がり整ってきてます。

分かりやすい例ですが、女子高生起業家もバンバン出てきてます。

参考記事:女子高生起業家(椎木里佳さん)に学ぶ2つのポイントは「環境」と「実態把握」

プログラミングなんかは「学生」であれば、6万円くらいで習得できるコースが在るわけですから大学行く意味ある?って思ってしまいます。

参考記事:プログラミングスキルがあれば学歴なんていらない。17歳女子高生が大学進学をやめて挑む初起業。

僕の時とは違って、実に学びの場は拡がっています。

潮流的には「資格取得、TOEIC」よりも「プログラミング」です。

実績も出ているプログラミング学習サービス幾つか載せておきます。

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~
現役エンジニアのオンライン家庭教師CodeCamp


未経験からプロのエンジニアを育てるオンラインブートキャンプ

・TECH::CAMP(テックキャンプ) - プロを育てるプログラミング


ストリートアカデミーのような学びの場も増えています。

・個人や企業が主催する講座・教室・レッスン・ワークショップが1400件以上 ストリートアカデミー

本当いい時代になりましたね〜。


そして、間違いなく今の日本に必要なのは「起業する力」「稼ぐ力」

大卒でもなければ、サラリーマンでもない。
社会の需要を感じることができれば気づくはず。

「起業する力」「稼ぐ力」を身につけるという目標を持ち、自らのロードマップを引くことができるかどうかが鍵だと思いますね。

サラリーマン7年目を迎えてようやくこうした考えを持てるようなりました。 いやー時間がかかったことかかったこと。 チャレンジが平等になってきているので、努力次第で力は付きます。
チャレンジあるのみ。

田も作り、新も作ろう です。