仕事に関する名著と名高い一冊。
僕はこちらの著者「西村 佳哲」氏の発言をツイッター中心に追いかけてます。
ツイッターの投稿には最近お会いした方々のお名前も登場し勝手に好意を抱いています(笑) ・ビオフィルムの山田貴宏 ・哲学者の内山節

山田さんの話も、内山さんの話もとても面白かったのを覚えております。 
西村さんのこの投稿も大好き。
言葉は魔法。読書は大事。素敵な投稿だと思いました。
そんな西村さんが投稿していたあるプロジェクトに現在興味津々なのです。
神山町は人口5,700人、森林率86%、スダチの生産高全国No.1、「創造的過疎」をテーマに従来の職種や働き方にとらわれない多様な暮らし方をしている人たちがいるところです。

木質バイオやエネルギーのことだけでなく、そんな地域にちょっと潜入してみたいという方をお持ちしています。
サポートっていうか、ご一緒する仲間の募集です。 「WoodLuck」とは「木質バイオマスと、おいしいご飯のつどい」。その第4回は「神山」で開催します。

近くの山林を活かした「木質バイオマス」のかたちは、地域の森の状態や、林業・農業のあり方、圏内にどんな熱利用施設があり、生活文化があり、どんなキーパーソンがいるかといった組み合わせから見えてくるものだと思います。


岩手県陸前高田市の長谷川順一 氏(箱根山テラス代表)と、岡山県西粟倉村の井筒耕平 氏(村楽エナジー代表)が2015年初頭に出会い、「ちょうどいい木質バイオマスのかたちは、いろんな立場の人が一同に集まって、美味しいご飯でも食べながら知恵を出し合う方がいいんじゃないか!」ということで生まれた「WoodLuck」、その第4回を、ご一緒しましょう。
テーマが「木質バイオマス」でとてもとても興味深い。 スモールギャザリングなので吸収量も多そうだし、「WoodLuck」というネーミングも素敵!超惹かれています。

7月に神山町を訪れる予定なので、うまく組み合わせて参加できないかなあ。 検討してみます!