TanaShin(たなしん)です。

これならあなたも世界に行ける!【ニッチスポーツまとめ6選】目指せ日本代表!!


マイナースポーツの国際大会が最近増えているという記事を以前にも書きましたが、また一つワクワクする国際大会を発見したので今日はその話をしたいと思います。

場所はなんと、四国・高知県。 日本で行なわれている国際大会で、種目は子供の頃に一度は経験のある「水切り」です。

■さすが国際大会!見られるのは「跳ねた回数」だけではない!

第13回仁淀川国際水切り大会

スクリーンショット 2016 07 21 21 50 25
開催場所は「奇跡の清流」と呼ばれる仁淀川下流の波川公園。

水切りとは、河原の石を川面に投げて、水の上を跳ねさせる「スポーツ」です。

性別・年齢を問わず腕に自信のある猛者なら誰でも参加できる「チャンピオンシップ」をはじめ、 「男性の部」「女性の部」「子どもの部(10歳以下)」の計4部門で、美しさ・飛距離・回数の総合評価で順位を競います。
2016年8月21日[日]8:30〜16:00

[受 付]8:30〜10:30

[予 選]9:00~11:00 3投して一番良い記録で本選出場選手を絞りこみます。

[本 選]11:30~13:30 各部門別に7名まで絞り込みます。

[決 勝]13:30~14:30 子ども→女性→男性の順にトーナメント方式で実施。ここまでくれば、全員賞品アリ!

[表彰式]14:30~
HPに審査ポイントに関して、わかりやすい図があったので拝借。 スクリーンショット 2016 07 21 21 19 00
「跳ねた回数」だけで競うわけではなく「飛距離」と「フォーム」も加点あるいは減点の対象になります。さすがは国際大会!評価ポイントが多く、総合的に評価が入ります。

 ちなみに、「チャンピオンシップ」には歴代優勝選手も参加(予定)して、ANA提供による高知⇆東京(または大阪)の往復ペアチケットかけて競争。

■さすが国際大会!充実した英語対応

HPも紹介動画も基本「英語」が使われています。インバウンドの受け入れ体制がきちんと作られていて素晴らしいですよね。ここが実は一番びっくりしたかもしれません。たかだか水切り・・・でしょ?と偏見を持っていましたので(汗)
仁淀川国際水切り大会とは?

What’s the MIZUKIRI CHAMPIONSHIP?

Mizukiri or Stone Skipping is a “sport” where you throw flat stones into a river in a way that they skip across the surface of the water.

Regardless of gender or age, anyone who is confident about their skills can enter the “championship” division.

The participants will also compete through a comprehensive evaluation on how beautiful, the amount of distance and how many times the stone skipped in each of the 3 divisions; “Men”, “Women”and “Children”.
万が一中止になった場合のアナウンスもきちんと英語です。
★川が荒れている場合は中止です。中止の場合、前日21時に発表します。

The event will be cancelled if the river becomes rough and choppy.
Notice for cancellation will be up on our homepage around 9PM, on the day before the event.
実際、動画を見ると外国の方もいらっしゃいますので、効果はあるようですね。
第12回の開催模様はコチラの動画より。

最後に

実は色々と、今から「チャンピオン」になれそうなスポーツを探しているわけですが、この「水切り」はかなり現実的な匂いがしています。 参加人数も(全体で)170名程度ですから競争が激化しているわけでもありません。ちゃんとトレーニングをしていけばチャンピオンの座を本当に掴み取れそう。

締め切りは2016年8月14日までです! ご興味のある方は是非チャレンジしてみましょう。

選手登録はコチラ